My Guitar Life

Toshiaki Koyama

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.12.01 Tuesday

Guitar No.9

PRS
PRS カスタム22

最近のお気に入りギター、シェクターと半々で使っています。

このギター、重量が軽い!!
音は太く、メロウな甘い音色からバリバリのロックサウンドまで
思い通りの音を出してくれます。
Bojoのニューアルバム「ノスタルジー」でも活躍!!

ボディーも10Topと言うヤツで木目がハッキリ奇麗に出ています。


2009.11.29 Sunday

Guitar No.8

ストラト改造版USA フェンダ−社製のストラトキャスター

ストラトのビンテージシリーズ!!
楽器店に売れ残っていたモノを安く購入、
その後、ピックアップをカスタムショップ製の
Fat50'Sに交換、ネックもシェクターに御願いして自分の手に合うように作って頂きました。

元々はメープルネックが装着されていましたが、
かなり薄いネックで、長時間演奏していると、
疲れを感じていました。
(年齢を重ねると段々、楽な方向へ......)(^^;

写真ではグレー若しくはシルバーに見えますが、
実際はシルバーとゴールドをミックスしたような
ボディーカラーです、「ピューター」と言う
色だそうです。

このネック、素晴らしく良く出来たネックで、
握り心地も最高、音もかなり太くなりましたね。
ブルース系のセッションには最適です。

年末に行うブルースライブはこれで決めてやるぜいっ(^^)V


2009.09.01 Tuesday

第1期エレキブーム(^^)V

TEISCO WG-4LTEISCO(テスコ) WG-4L

このギターは私が小学生の頃のギターです、と言っても
当時から持っている訳では無く、知り合いが廃棄ゴミの
中から見つけ出して拾って来た物を、
私にプレゼントしてくれたのです。
頂いた時には、金属部分はサビだらけ、ボディーやヘッド
木製の部分は汚れとカビだらけ、(^^;

1週間かけて、サビを落とし、カビを落とし、木製部分を
磨き上げ、新品とまでは行きませんが、かなり
奇麗になりました、当然、電気的な問題も解決済み、
エレキギターとしてリッパに復活しました。(^^)V

このギターの事をネットで調べてみましたが、
製造年はおよそ、1960〜1965年。
第一期エレキギターブームの頃のギターです。
(トレモロアームが無いのが残念です)





TEISCO WG-4L ヘッド私が、小学生の頃、「勝ち抜きエレキ合戦」と言う
テレビ番組がありました、今で言うならば
アマチュアバンドコンテストですね。
(サトウ製薬提供だったかな?)

それに参加しているバンドは、皆このようなギターを
使っていて、とてもカッコ良く思え、憧れ、
「大人になったら絶対エレキを弾くぞ」と思いながら
この番組を毎週観ていました。

テケテケテケ〜〜、エレキにシビレてしまった小学生!!
こやまとしあき、でした。(^^;

2009.07.19 Sunday

Guitar No.7

レスポール2ギブソン レスポール80'

現在、私が所有しているギターの中で、
一番付き合いの長いギターです。
1980年製で発売と同時に購入。
当時、行きつけの楽器店にワガママを言って
問屋さんの倉庫で何本か同じギターを見せて頂き、
その中から購入したギターです。

最初からペグはグローバー、
アジャストカバーにはLes Paul 80`と書いてあり
そのアジャストカバーが気に入らず、
購入後ノーマルのアジャストカバーに
変更しました。(^^;











レスポール1購入当時、ボディーの木目はプレーンが好きで、
ハデなトラ目は嫌いでした。
しかし、なかなかキレイなプレーンの木目が無く
このギターも僅かながらトラ目が出ています。
(現在はまったく気にしていませんが)

でも音は1弦から6弦までのバランスが良く、
真のあるしっかりした音でしたので、
購入を決断しました。
この時に、同じメーカー、同じモデルでも
かなりの個体差がある事に驚きました。

この写真では分かり辛いですが、経年変化の為
塗装に細かいクラッキングが入っており、
色もかなり褪せて来ています。

このギターも以前紹介したES-335同様
ケースの中に入れっぱなし。
年、数回の「ギター虫干しDAY」に姿を見る
程度です。(^^;

私は、気に入ったギターが見つかると
そのギターばかり、飽きるまで使います。
たまにはギターを持ち替えてあげれば良いのに、
つい、着たきり雀になってしまうのです。

2009.07.14 Tuesday

Guitar No.6

ES-335ギブソン カスタムショップ製 ES-335
1963年復刻モデル

私の大好きなギターです!!
以前(30数年前)同じギターを購入したのですが
気に入らなくて数年で手放してしまいました。
しかし、どうしてもES-335が忘れられなくて
楽器店を訪れるたびに探していました。
30数年もね(^^;

いいな〜、と思うES-335はビンテージ
価格は数百万円!!手が出せませ〜〜〜ン

ある日、ギブソンのカタログを見ていると
カスタムショップ製で良さそうなES-335があるでは
ありませんか!!悪い虫が身体の中でムズムズムズ〜
早速、取り寄せて現物を見て、弾いてみた、
これだ〜〜〜〜ッ!! 一目惚れ(^^;

もちろん即、購入!!(2003年に購入しました)

暫くはメインギターとして使用していましたが、
このギターと出会うのが遅かった!!
私が歳をとってしまったのか、ギターの重量が
かなり重く感じ、体力的に長時間の使用が辛くなったのです(^^;

今ではケースに入ったまま、たまに行うギターの虫干しの時に
姿を見るだけです。

ギターに対しても、女性に対しても、若かりし頃の想いをいつまでも
引きずっていてはダメですね。(^^;
また一つ人生勉強をしました。

2009.06.15 Monday

Guitar No.5

サンバーストラトこのストラトは元々1960年代中期のれっきとした
フェンダー社製のストラトキャスターでした。
今ではオリジナルパーツはネックとボディーを連結する
プレートとボルト、トレモロユニットだけです(^^;
最初はPuを交換、次はネックを交換、ボディーもネックに
合わせて交換、気が付くと買った時の2倍くらいのお金が
かかってしまい、仕事に使うギターはオーダーメイド
の方が安く上がる事に気が付きました(^^;
PUはフロント、ミドルがシェクターのモンスタートーン
リアは??何だったか忘れました(なんせ30年近く前の事)
3ミニスイッチ、1トーン、1ボリューム、フレットは22フレット
ボディーはシェクター、ネックは「松下工房」で
作って頂きました。全てがラッカー塗装なのでクラッキングが
バリバリに入っています。




サンバーヘッド
今はヘッドにロゴが入っていますが
当時は無印のままでした、無印のヘッドを見た悪友が
フェンダーのロゴに似せて作ってくれたロゴです。
(とても声に出して言えないロゴマークになってしまいました)
(^^;
私的にはシャレのつもりでかなり気に入ってます!!

このストラトは長期にわたり私に付き合ってくれたギター、
今日はブログ用写真撮影の為に数年振りにケースから
出しました。色々な思い出が沢山詰まっている1本です。

悪友よ、素敵なロゴマークをありがとう(^^)v



 

2009.06.11 Thursday

Guitar No.4

赤ストラトこのストラトは私が30歳になった記念に「松下工房」さんに
カスタムメイドで作って頂いたギターです。
ボディーカラーはオレンジ色に見えますが
本来は消防車レッド(自分で勝手にそう呼んでます)
のメタリック
経年変化で色褪せてしまいました。
塗装はラッカー仕上げ
(クラッキングも入って風格が出て来てますヨ)
PUはEMG.3発
トレモロユニットはフロイトローズ
1トーン.1ヴボリュームのシンプルなギターです。
主にレコーディングに使用していました、
ノイズは無いしエフェクターの乗りが良く
レコーディングには最適のギタ−です。
もちろんツアーでも使っていました。

このギターには忘れられない思い出がありまして、
年配の方なら誰もが知っている「夜のヒットスタジオ」
と言うフジテレビの歌番組に出演した時の話です。
当時の歌番組の殆どが生演奏、カラオケを使う事など
少なかった時代です、「夜のヒットスタジオ」は
生放送、生演奏でした。曲名は忘れてしまいましたが、
高橋真梨子さんのサポートでこの番組に出演した時の事です
本番が始まり演奏曲の中程に差し掛かった頃、
突然、ギターのボリュームツマミが外れてスタジオの真ん中まで
コロコロと転がって行き、私は顔面蒼白!!
それに気付いたメンバーは必至に笑いをこらえていました。
当然、演奏終了後メンバー全員に冷やかされましたネ(^^;
そんなマヌケな思いでがあるギターですが、私の愛するギターの1本です。

最近は使って上げてないな〜、何年もケースに入れっぱなし(^^;

2009.06.04 Thursday

Guitar No.3

 54ストラト

このストラトはフェンダー社、創立50周年記念モデルの
ギターです、1954年のストラトをそのまま細部にわたり
再現したギターだそうです。
使用している塗料なども当時の塗料の成分を分析したり、
とかで、まぁストラトファン心理をくすぐるこだわりの1本です
音は現行のストラトより落ち着いた枯れた音
PUのパワーは現行モデルより若干低めかな?
ネックの握り心地は丸くて厚みがあります、
しかし長時間の演奏でも疲れを感じさせない不思議なネック
ですね(^^)







54ストラト.ヘッド
フェンダー.カスタムショップ.マスタービルダー
トッド.クラウズ氏製作
このトッドさんはエリック.クラプトンやジェフベックの
ギターを作っている職人さんだそうです。

そんな凄いギター職人が作ったギターを俺も持ってる!!
なんて、独りほくそ笑んでいた事もありました(^^;
アホだ!!
2004年に購入

これからも私の自己満足と独断と偏見に満ちたギター紹介は
続きますヨ〜〜。

2009.05.30 Saturday

Guitar No.2

E.Cストラト昨年(2008)手に入れたストラト
フェンダーカスタムショップE.Cシグネチャーモデル
色は黒に見えますがメルセデス.ブルーです。
エリック.クラプトンマニアではありませんが
このギターに搭載されているノイズレスピックアップに
興味を持って購入してしまいました。
かなりファンキーで明るい音ですヨ!!
ネックはかなり細めの三角シェイプ。
慣れないとちょっと疲れるかな(^^;







E.Cヘッドこのギターのミッドブースト回路は
シングルPUとは思えないほど太い音になります。
私の悪友はこのミッドブースト回路に憧れたらしく
自作で作りましたが見事失敗!!
なんせ費用¥400で作ろうとしてましたからね(^^;
まぁそんなマヌケな所が私の悪友らしさですがね(笑)

これからも私の勝手な思い込みと偏見で色々記事を
書いて行きたいと思いますので宜しくお願い致します。


2009.05.28 Thursday

Guitar No.1

シェクターテレ 私の一番お気に入りのメインギター
シェクターカスタムモデルのテレキャスター
2006年からシェクターのモニタープレイヤーを
させて頂き、現在は身体の一部になっているギターです!!

詳細はひ.み.つ!!
世界に1本だけのkoyamaモデルですからね〜、なんちゃって(^^;
いい音しますヨ!!

▲top